環境調査

ホーム » 業務実績1 » 環境調査

交通量調査

【交通量調査】
道路の計画、建設、維持修繕、その他道路全般の管理などについての 基礎資料を得るために行います。
調査時間はその時の状況によって決まりますが、12時間、24時間など連続で調査します。
調査内容は、自動車(大型、普通、小型、自家用、商用)、自動二輪、自転車、歩行者に至るまで、道路を利用する全てのものに対してカウント調査をします。


【旅行速度調査】
国道や県道などの主要道路を対象として、一般の車両と同様に道路を走行しながら、実際の速度、時間を計測します。

【騒音、振動調査】
人々が日常生活する上で支障となりそうな騒音や振動について、現状を把握するために行います。
調査対象としては、道路交通、工事現場、一般環境、防音設備等さまざまです。

交通量調査
交通量調査
旅行速度調査

河川水辺の国勢調査

河川事業、河川管理を適切に推進させるため、河川を環境という観点からとらえた基礎データの系統的な収集、整理をはかるための一環として、河川空間の利用状況の実態を把握するための調査。

河川空間を「水面」「水際」「高水敷」「堤防」の区域に分け、利用人数の把握を行います。

調査日    : 7回/年
調査場所 : 一級河川左右岸(約100㎞)
調査時間 : 12時間

上記調査と併せて、年1回決められた場所で河川空間利用者に対するアンケート調査も行います。
一般利用者からの要望・苦情などを吸い上げ、今後の河川に対する維持管理に役立てていきます。



高水敷を利用したマレットゴルフ
高水敷を利用したバーベキュー
水面を利用したラフティング
高水敷のグランドを利用したサッカー

水質調査

河川における水質管理を行うために管内の定められた箇所において、河川管理上必要な資料を得るための採水を行います。

・水質採水調査

・出水時採水作業

定期採水
定期採水
出水時採水
出水時採水

各種アンケート調査

・各種アンケート配布、回収調査

・各種アンケート聞き取り調査

道路利用アンケート調査
道路利用聞き取り調査

環境整備事業補助

・ワークショップ運営補助
環境整備計画ワークショップ
ページトップに戻る